ライフスタイルによって違う生活費

一人暮らしのライフスタイルによって違う生活費

生活スタイルによって生活費も変わってしまうことを知っておきましょう。
  • 1番目は「洗濯機派とコインランドリー派で違う光熱費」です。
洗濯機派の場合は、購入費用と水道代がコストになります。
ですが自分の好きな時間にすぐに洗濯できるメリットがあります。
もちろん深夜などの時間帯はご近所の迷惑になりますから避けるようにしなければなりません。
 
一方のコインランドリー派は、その店舗までの移動が必要になります。
料金は1回あたり300円程度の費用がかかります。
こまめに洗濯をするのではなくて1週間分をまとめて洗濯するなどの節約をしなければなりません。
 
  • 2番目は「自動車派と自転車派で違う交通費」です。
自動車を使う場合には電車を使う交通費は軽減されます。
ですが駐車場代やガソリン代・保険料・車検費用・税金などの維持費が必要になります。
勤務先や学校などの距離を考えましょう。
自分の環境にあった移動手段を選ぶといいでしょう。
 
一方の自転車派は、自転車の購入費用以外は、ほとんどコストはかかりません。
駅の駐輪場が有料の場合はある
でしょう。
ほどよい運動にもなります。健康管理には役立つメリットがあります。
 
  • 3番目は「自炊派と外食派で違う食費」です。
自炊派は特売日にまとめて買い物をしたり作り置きしたりや冷凍保存をしたりすることなどの工夫をしましょう。
大幅に食費を節約できる可能性があります
料理のメニュー・レパートリーが増えると食材を余らせることも少なくなるでしょう。
 
一方の外食は手間をかけることなく美味しい食事ができます。
メリットは後片付けをしなくても良いことでしょう。
ですが自炊するよりもどうしても割高になることは否めません。
ときどきはお弁当を購入して自宅に持ち帰って食べるなど「中食」を利用するようにして節約しましょう。

部屋探し